虫歯予防処置(小児)

 虫歯が一本でもあれば、口の中に虫歯を作る環境が有ると思って間違いないでしょう。出来てしまった虫歯を、削って埋めることは大切な事ですが、虫歯を作る口内環境を改善する事は、もっと大切な事です。

また、一口に虫歯と言っても、口内環境を改善すれば自然と再石灰化する段階の物と、再石灰化が期待できない、進んだ段階の物があります。レーザーを用いて虫歯の進行状況を診断し(ダイアグノデント)、再石灰化の期待できない虫歯は従来どうり削って埋めます。

  ダイアグノデント 

再石灰化の期待できる虫歯に対しては、口内環境の改善を図り、再石灰化を促進させます。実は、この口内環境の改善こそが虫歯予防処置に他ならないのです。虫歯の原因(リスク)を カリエスリスクテスト によって明らかにして、際立ったリスクを改善することで、虫歯のできにくい環境をつくり出します。

      カリエスリスクテストにおける口腔内細菌培養試験

 また、完全な歯磨きの出来る人なんていません。上手に磨いているつもりでも歯と歯の間や、歯と歯茎の堺などは磨き残しも多く、時間が経つにつれて、バイオフィルムと呼ばれる、より悪質な汚れへと変わっていきます。このバイオフィルムを専門の機械で除去するのがPMTCという処置です。

  PMTCによるバイオフィルムの除去